ワンコインというバイト以上の価値?

セブンのコーヒーにハマっています。本当は妊婦なのであまりカフェインを取っちゃいけないんでしょうが、産院の先生が「イライラするくらいなら1.2杯のコーヒーくらい良いよー」なんて言ってくれるから、つい・・。砂糖ガバガバ入ったジュースよりは良いですよね?え、麦茶を飲んでろって?

ともかく、セブンに行くと「コーヒーだけ」というパターンが多いんです。レジとは真反対にあるドリンクコーナーに直行し、氷が入ったアイスコーヒー用のカップをゲット、そのままレジへ。1コインだから支払いが楽チンなのが良いですよね。一時期は他のコンビニコーヒー巡りもしましたが、この1コイン感覚は捨てがたいものです。また近いうちに消費税が上がると思いますが、量を減らしても良いから1コインは維持して欲しいですね。

そしてサーバーに行くと、時々混み合ってるのが面白いです。大抵は入口の近くにあるから、店に入ってくる人たちとコーヒーを待つ人たちとで混雑。みんな「まだかなー」みたいに静かに佇んでいるんですよね。レジでもないのに行列が出来るのがシュールです。

車に戻って飲み始めることになりますが、アイスコーヒーの場合は子供たちから「早く飲んでー!」の催促がうるさいんですよね。というのも奴ら、カップの中の氷が欲しいんです。コーヒーを飲み終わったら、水筒の麦茶をちょっと注いでそれを飲まされます。それからは氷の争奪戦!子供って、なんであんなに氷が好きなんですかね?

まあ、言いたいのは「1コイン(しつこい)で、美味しいコーヒーが飲めることに感謝!」ってことですね。スタバすら無い田舎には素晴らしく嬉しいシステムです!

そんな時はすごく気持ちが晴れてきませんか?

バイト受からない時

なんでもそうなんだけど、バイトだって気持ちの問題ですからね。

楽しい事が見つかり出すと結構リズムが生まれて良い方向に進んだりもする

もうバイトなんてやめようかなって逃げなのかな

人は逃げるためにできている。朝おきたら眠たいし、ご飯も食べたい。好きなことなら何時間でもできる子供や大人でも、
しんどいことや、嫌なことになれば不思議と嫌になる。私が実践している方法は「無」になるということ。つまり有がある。

違うところに意識が行っている時点で集中できていないということになる。

そんなことを繰り返していても何の成果にも結びつくことはないだろう。

とにかく設計図を完成させるために貪欲にやっていくしかないと思う。

アルバイトだってそう。最初は受からないし、受かってもうざいことばっか。でも楽しみながらできるかどうかはあなた次第だから

日本で悲しいことあったね、、。心って本当に大切

実はこの女子高生、事件を起こす1か月前に、精神科医に両親が「危険な状態で大変なことを起こす可能性がある」
と伝えていたのだそうですよ。

実際両親はどう動いていいのかわからなかったのかなあ~、なんて思っちゃいました。
だって、普通は「じゃあどうすれば?入院させる?すればいいの?!」なんて悩みますよねえ。

私ならどう動いていいかわからなので、「じゃあどうすればいいのでしょうか?」とお医者さんに聞いて、
入院させろと言われたらさせましたね。お母さんがなくなられて、やっぱり歯止めが効かなくなっちゃったんですかね。

また同じことをするんじゃないかな、と思うと、まずは根本から治療
しないとダメなんじゃないかなあなんて、思っちゃうわけなんですよねえ。

っていうか、更生できるのかなあ… 今後どうなるのか、要注目の事件ですよね。うーん。

公開日時はあえて古くしています。

浦和美園のイオンレイクタウン

今日は、浦和美園のイオンレイクタウンへ行ってきました!

いやあ、レイクタウンは埼玉ではかなり大規模なショッピングモールとアウトレットが隣接しているのですが、
大きいだけあって歩き回って、もう足は棒です… 

私は目当てだったGAPのセールで大人買いし、子供たちはアウトレットにあるLEGOとシルバニアファミリーで、
誕生日でもないのに買う買うと大騒ぎ。

結局小学2年生の息子は、自分で今まで溜めていたおこずかい(1800)で海賊のLEGOをお買い上げ(笑)。
年少さんの娘は、シルバニアファミリーで赤ちゃんとゆりかごをお買い上げでしたから。
いやあ、家にはいっぱいあるのに、実家に里帰りするときはおもちゃはいらないか~って持ってこなかったのが、
失敗でしたね(涙)。

なにしろ実家に里帰りすると、やはり子育てを手伝ってもらえるのでかなり楽ちんなんですよねえ。
実家が近くにある人がうらやましい!

とはいえ、うちの母は趣味が多く、しかもまだ働いているので、実家にいる際の家事は私の仕事。
洗濯物は回して干してくれるので、たたんでしまうだけなんですけれどね。
料理は母より私のほうが得意なので、結局私が担当になってしまうんです(笑)。
弟は私が来ると、「うまいもんが食べれる」と喜んでくれるので、私も気合が入っちゃいます!